読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一橋大生による効率的、Nonストイック勉強のすすめ

勉強の奴隷になってはいけません。考え方を180度変えて、偏差値を効率的に上げていきましょう。

英語を勉強したくなる映画2つ

 

 今回は英語のモチベーションをグッと上げてくれる映画についてです。

 

英語ができるようになる映画じゃないんで注意してくださいね。

 

 マダム・イン・ニューヨーク

 

f:id:sszken:20170220222522j:plain

 2012年、上映のインド映画です。最初はインド映画ってダンスの印象とかが強くて敬遠してたんですけど、そんなの気にならないくらいおもしろかったんで紹介したいと思います。

 

監督:ガウリ・シンデー

キャスト:シュリデヴィ、メーディ・ネブー、アディル・フセイン、プリヤ・アーナンド

 

  • あらすじ

 インドの主婦のお話です。お菓子作りが得意で、家事の傍らそれでちょっとしたビジネスなんかをしてるんですけど、夫からはなかなか認めてもらえない。さらには英語が話せないことに対して、娘から純粋ゆえの辛らつな言葉をたびたび浴びせられます。

 そしてある日、ニューヨークに住む姉から、娘の結婚式の手伝いをしてほしいと頼まれます。事情で家族よりも先に一人でニューヨークに発つことになった主人公。慣れない飛行機、不親切なカフェ店員と、英語が話せない彼女にとっては、苦痛の日々でした。そんな中、主人公はたまたま見かけたバスの広告から、英会話教室に通うことを決意します・・・って感じです。

 

 

キャラクターそれぞれが温かみを持っていて、すごく明るくなれる映画でした。主人公が前向きに英語の勉強をし始める姿は、あーやっぱり勉強ってこうあるべきだよなって思えます。

ヒンドゥー語と英語が出てくるんですけど、後半はほとんど英語です。この映画のいいところは、主人公やその他英会話教室のクラスメイトの英語レベルがそう高くないので、字幕なしでもわりと聞き取れるところです。まあだからこそ間違いも多いんで、うのみにしてもまずいんですが(笑)

 

映画『マダム・イン・ニューヨーク』予告編 - YouTube

 

 

 

ソーシャル・ネットワーク

 

f:id:sszken:20170220222213p:plain

 

こっちのほうが有名ですよね。フェイスブックの創始者マークザッカ―バーグのお話。フェイスブックがどのようにして生まれたのかが描かれています。

調べて知ったんですけど、主人公の恋人役はあの「ドラゴンタトゥーの女」のルーニー・マーラでした。メイクによって印象代わるもんですね。あと製作総指揮に「セブン」ユージュアル・サスペクツ」の名悪役、ケヴィン・スペイシーがいてこっちも驚きました。

 

監督:デヴィッド・フィンチャー

キャスト:ジェシー・アイゼンバーグ、アンドリューガー・フィールド、ルーニー・マーラ

 

 

監督はデヴィッド・フィンチャー「セブン」ファイトクラブ」「ベンジャミンバトン」などの監督ですね。

なんとなく有名だったから見てみたんですが、最初の対話シーンで気づけば釘づけ状態になっていました。とにかく会話のテンポがめちゃめちゃ速いです。ながら見は絶対無理な映画ですね。

通常の映画みたいにウェットな、情緒ある感じの言葉というよりはドライでクールな印象の英語です。僕は全然聞き取れなくて必死に字幕を追っている感じでしたが、とにかく英語がかっこいいです。こんなペラペラしゃべれたらいいなっていう気分になれます。おすすめです。

 

映画『ソーシャル・ネットワーク』予告編 - YouTube

 

 

◆◇無料メルマガ配信中!◇◆

僕が実際に、偏差値50から70オーバーまで押し上げた勉強メソッドを紹介しています。

また、返信をくださった読者さんの相談には積極的に答えていきたいと思っています!

僕と一緒に本当に自分に合った勉強法を探しませんか?

ご登録はこちらから!

 https://maroon-ex.jp/fx57593/J0pFhU

 

 

 

sszken.hatenablog.com